みんな、ありがとう。。。

おっちゃんは誰かれかまわず、人に会うごとに
「うちのかりこさんは驚異的に回復してる!」
と言ってます。

「驚異的って、大げさなこと言って!」と
バカにしてましたけど、
ふつうに順調に歩けるようになってきています。
たぶん、お医者さんから見たら、
言いつけを守る、まじめな患者さんになるのかもね。

でも、昨日もセミナーに行って、集まったみなさんから
「大丈夫ですか?」とか
「心配しました」なんて
声かけていただくと、世の中いい人ばかり、って思います。
ほんとに、ご心配かけました。m(_ _)m

何回も書きましたが、
事故直後は、救急車で病院に運ばれ、
あれよあれよという間に入院となりましたが、
私としては、動きたくてもまったく動けない、
「まな板の鯉」の気分でした。
本当になすがまま。

病院についたのが深夜だったので、一緒に病院にきたおっちゃんは
簡単な入院手続きだけして帰りました。

翌日、再びおっちゃんが病院に来たとき、
私はベッドに仰向きに寝かされて、
緊張と痛みで一睡もできず頭がボーッと呆けた顔で、
管を入れられてオシッコをしてる、今思えば最悪の姿になってました。

それをみたとき、
おっちゃんは、「この人は、二度と歩けなくなった」
という気がして、すごく怖かったそうです。
ショックが大きすぎて、泣きそうになったと言ってました。

それを聞いたら、「ほんとにこめんなさい」という気持ちしか沸かない。

だけど、日に日に痛みが和らいで、
松葉杖を使えば歩いて外出もできるようになったし、
冗談を言えば笑うし、
よく食べるし、
そりゃ、1週間前の姿から比べたら驚異的な回復かもしれません。

ばかにしてごめん。

心配してくれる家族や仲間がいるって嬉しいし、心強いですね。

ほんとに、人は健康が第一。
なんでもなくて当たり前です。

ふつうにしてても、いつ何があるか分からないってことを
今回、身をもって学習したので、
もう細心の注意をするしかないですね。
気をつけて、気をつけて。

みんな、ありがとう。。

スポンサーサイト
プロフィール

おかり

Author:おかり
『笑う食卓』という本を読んで、
タイトルに惚れました。
笑って食卓を囲むなんて
すごくいい!
使わせていただきます。
家族と一緒の時間を大切に。

笑う食卓―面白南極料理人
西村 淳 (著) 新潮文庫

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おすすめ
ラッココム

株式会社アマナグレイス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード