夏休みがおわった・・

昨日、出かける予定でいたので、
お休みを取っていたけど、
急遽、でかけなくなりました。

突然、何もなくなったので、
何をしていいかわからず、
一日中ぼんやりと、昼寝したりして
時間がすぎてしまいました。

チーン。

今年の夏休み終了。


スポンサーサイト

どうぞよろしく

父がこれから暮らすホームに本日入所しました。
そこは、とても良い施設です。

建物こそ古いけど、清潔に整えられ、
スタッフさんも親切で、
優しさを感じられる、温かいホームです。

最初は、
施設に入れるなんて、父を見捨てるみたいで可哀そう、
という気持で抵抗がありましたが、
介護の仕事をしていた友人に話を聞いたり、
本を読んだり、
おっちゃんと色々話してるうちに考えが変わりました。

父と母の二人だけの家に戻っても、
今はもう一歩も歩けない、
何もつかまらずに立つこともままならない父を
年取った母一人で面倒をみることは無理。
ここまでは、私も頭では分かってました。
だから施設なんだと。
無理とわかってるのに、父が可哀そうという考えも消せなくて
父のこと、今後のことを考えると苦しかった。

でも、仕事がない日に、私か妹が手伝いに行ったとしても
トイレ、食事、お風呂、着替え、運動・・・と、
すべてをシロウトの私たちが介助するのは、やっぱり不可能で、
家族がどれだけ頑張っても、
父がやりたいと思うことを十分に叶えてあげることはできないだろう。
と、納得できるようになった。

だから、熟練のスタッフさんに囲まれて、
やりたいことができるって、
父のためにも、母のためにも絶対に良いと思えるようになった。

私なんか何にもできないくせに
施設に放り出すとは可哀そうなんて、
思いあがった考えだったと、素直に今は思います(反省

今日、父の引っ越しをして、
その後、和食レストランに行き、
退院祝いをしました。

久しぶりに病院食から解放されて、
好きなものが食べられるのが
何日も前から楽しみだった父。
たくさんあるメニューを手に取って、
長い時間眺めて、
「何が食べたい」と聞いたら、
「アジフライ」と言う。
お寿司でも天ぷらでも、鰻でもなく、アジフライか~。
「オレ、アジフライがすきなんだよ」と。

そういえば、去年の暮れに小田原漁港でもアジフライを食べて
「帰りも寄りたい」と言ってたっけ。

残念ながら、アジフライはなくて、
イワシのフライになったけど、
揚げたてのフライを一生懸命に食べてた。
病院食と比べたら、そりゃあ、天国の美味しさだったでしょう。

病気で倒れる前の父は、
みんなでどこに食事に行っても、ビールばかり飲んじゃって
ごちそうが出てきた時には、
「お腹いっぱい、これもいらない」という人だったのに、
なんという変わりよう。

お酒もほどほどにして
ずっとこういう生活してたら、
こんな病気にならなかったかもしれないね。
今となっては、あとの祭りだけど。

お父さん、良いホームに入ったと思うので、
おしゃべりできる友達ができたり、
毎日が楽しければ、
明るく暮らしていけるならば、
家族はみんな、本当にうれしいです。

つまらないことで怒ったりしないで、
可愛がってもらえるおじいちゃんでいてくれますように。
みなさん、どうぞよろしくお願いします。

私は実家に帰るより父が近くなったから、
ちょこちょこ、会いに行きますよ。
前みたいに、焼き鳥で一杯 、は無しだけどね。


一人で暮らす母を思うと

父のこれからが心配。
一体、どうなっていくんだろう
考えると不安になってきます。

心配ばかりしていたらいけないと分かっていますが、
やっぱり不安なことがいっぱいで、
夜、寝ているときに怖い夢を時々見るようになりました。

となりに静かに座っていた母が、
ガクッとうなだれたかと思ったら
亡くなってるという夢。
ビックリして、叫んだところで目が覚めました。

汗びっしょり、心臓ドキドキで
その後、しばらく寝付けませんでした。
本当に怖かった。

父は専門の施設に受け入れてもらう予定です。
病気に詳しい人に囲まれて暮らすので、
私たち家族では無理なことも
ちゃんとできると思うので、
そこについては安心できるのですが、
ひとり残る母です。
母が問題です。

母は「一人暮らしは楽だよ~
などと言ってますが、本当に大丈夫なのか。

今は、父の引受先を探したり、
病院で父を励ましたり、
医師やケースワーカー、区役所の福祉課の人と話したり、
気を張って、緊張した状態にあると思います。
父のことが一段落した時、
口うるさい父がいなくなってしまった実家が
母にとって、ただの楽な場所ではなくて
私たちには想像できない、
何か負のものがあるのではないか。

安心して、みんなが心穏やかに暮らすことができるようになるまで
とても心配の種はつきません。


介護生活

父は希望通りに転院することができ、
家族みんなが、一応ホッとした。

これから何日間入院するのか。

今回は、さすがに長いかもしれない。

退院してからが大変だ。

いつまで続くかわからない介護。

母一人では無理だろう。
私と妹も手伝に行かないと。

ベッドから起こす、おろす、
イスに座らせる、立たせる、
お風呂やトイレ・・。

どれ一つとっても、私たちにできると思えない。

勉強しなくちゃ。
ちょっとでも手助けできるようにならなくちゃ。


父が入院

父が倒れて入院しました。
早い対応が良かったのか、
軽い脳梗塞ですんだようです。

そのときたまたま一緒にいたケアマネージャーさんに、
本当に感謝です。

母が入院した時もそうだけど、
家族がより団結して助け合っていかないと
なりません。

家族が病気だと、暗く考えがちだけど、
きもちを切り替えてがんばろう。


プロフィール

おかり

Author:おかり
『笑う食卓』という本を読んで、
タイトルに惚れました。
笑って食卓を囲むなんて
すごくいい!
使わせていただきます。
家族と一緒の時間を大切に。

笑う食卓―面白南極料理人
西村 淳 (著) 新潮文庫

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おすすめ
ラッココム

株式会社アマナグレイス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード