富士山を見に母子旅

夏の初めから、
富士山を見に行きたい
と思うようになって、
計画は立てたけど、なかなか実行できませんでした。

それがようやく、昨日。。
母と二人の珍道中になりました。

早朝の東京駅から、新幹線に乗って、
三島へGo!

朝の東京駅は、まだ6時半だというのに
通勤の人でごった返し、
金曜日に仕事を休んでお出かけできる幸せを実感
今日も会社は忙しいんだろうなぁー、
みんな、ごめん

しかし、新幹線て、なんて旅の気分が高まる乗り物でしょう。

新幹線で朝食

新幹線の中で
コーヒーとサンドイッチの朝食。
それだけなのに、とてもワクワク。
周りには、これから出張なのか、出勤なのか
ビジネスマンがたくさんいるというのに、
その横で、旅の期待でテンションがおかしくなってる
いい年をした母子。

三島は、今まで一度も行ったことがない。
東京駅から1時間で着くというのに。
熱海や小田原は、今まで何十回も行ってるのに。
どうしてだったんだろうね。

午前8時。
三島到着。

ホントは神社大好きの妹が来るはずだったから
三嶋大社からスタートしようと思って、
それで三島を選んだんだった。
今回来れたのも妹のおかげ、妹の分まで参拝しとこう。

三島大社

福を呼ぶお餅

朝の神社はなんとなく空気が違う。
気持ちがいいです。

三島は、別名せせらぎの町というだけあって
どこを歩いても小さな流れがあり、
そこにはコイやカメやカモが優雅に泳いでいました。
三島のきれいな水、カモ達も幸せだね。

富士山の湧水が町のあちこちで流れていると、
町全体が清らかな印象になるね。

源兵衛川は、川幅こそ3メートルくらいの小川ですが、
留まることなく流れて、
川底の水草が揺れて、
河原をトンボが飛んでいる横を
板や飛び石が渡してあり、
歩いていくことができます。
浅いから、万一、落ちても大丈夫。
【せせらぎ散歩】と書いた看板通りにいくと
こういう道をずっと歩ける。
川が大好きな母は、
お金を使って川にこれを作った三島市は最高
と大喜び。

川好きの母

三島市内を2時間歩いて
せせらぎの町を十分満喫。
さあ、伊豆急行駿豆線に乗って、伊豆長岡に移動。

ホテルの日帰り入浴とランチのセットを予約してあるので
疲れた体を休めましょう。
お湯は温めのサラサラで、
何時間でも入っていられそうな露天風呂。

事前調べでは、この露天風呂から美人のお姉さんが
富士山を眺めてる写真を見たもんだから、
絶景にすっごい期待したけど
あー、ざんねーん
ぶあつい雲に覆われて、なんにも見えず。

だけど、レストランに移動して
サクサク揚げたてアジフライを食べている時、
しゃべっていた母の口があんぐり。
「どした
と聞いたら、
「見える・・」と。
窓を見ると、なんと雲の切れ間から
ぼんやり富士山が見えました。

富士山見えた!

どんよりだけど、富士山は富士山。
最後に見れてよかったね。

帰りの新幹線は、眠くてぐったり。
だけど、寝る間もなく1時間で東京に到着。
三島は近い。
近くてきれいで、いい所。

「三島で川を歩けて良かった」と言ってたから
私もそれで満足した。

しかし、近いうちにまた富士山リベンジしたいなぁー。


スポンサーサイト

幕張ぶらぶら♪

昨日からよく眠れたせいもあって、
今朝はなんだか調子がいい。

おっちゃんが、
「美味しいコーヒーを飲みに行こう」と言うので、
散歩に出かけた。

ぶらぶら歩いてたら、
『幕張マルシェ』やってた。

先月はおっちゃんに連れて行ってもらったんだよね。
毎月月末の日曜日なのかな。
でも、この前とは違う場所だったなぁ。

マルシェは地元の新鮮なお野菜とか売ってて、
今日も美味しそうなナスとピーマンが1袋100円だって。
思わず買っちゃいました。

お店を端から見てたら、パン屋さん(パン・ド・ヒロ)から、
すごーくいい匂い♪
【『モヤさま』で紹介されました】の貼り紙あるし、
ぜったい美味しいやつでしょう!
早速、カレーパンを購入。
もちもちのパン生地に、
しっかり味のカレーがいっぱい入ったカレーパン。
最高に美味しかった。

美味しいカレーパン

そのあと、ホノルルコーヒー
美味しいコーヒーを飲んでリラックス。

ハワイアンコーヒー

暑くて、このところ忙しくて疲れてたけど、
今日はのんびりできました。
そして、よく歩きました。

夏はまだまだ続く。
また一週間、がんばろう。


いい映画と、美味しいランチ

我が家の女子会のために、
本日はお休みをとっておりました。

妹の仕事の都合で、不参加になったので、
急遽、予定を変更して、
母と私の二人で映画に行くことに。

今日行ったのは、『人生フルーツ』という映画です。

人生フルーツ

愛知県に実際に住んでいる、
90才のおじいちゃんと、
87才のおばあちゃんの話。

そうです、またお年寄りが主役の映画です。
ドキュメンタリーです。
自然の中で、自然に生きてるご夫婦で、
とにかく品が良くて、おしゃれでステキなんです。
お年寄りとか、高齢者という言葉がまったく似合わない。
誰の力も借りずに、なんでも自分たちで作れてしまいます。
自宅の畑で野菜も果物も作っていて、
おばあちゃんは、畑の手入れをして、収穫をして、
お料理をして二人で食べる。
いろんなジャムも作るし、洒落たお菓子も作る。

おじいちゃんは、味のある字と、可愛らしい絵を書いて
手紙をお世話になった人によく出します。
90才のおじいちゃんが、「手紙を出してきます」と言って
自転車でサーッと坂を下りていく姿なんて
想像したことないでしょう。

お年寄りだから、できないことが多いっていうのは、
お年寄りを知らない人の、勝手な考えです。

見終わったら、とてもほっこりしました。
こんないい映画と出会えて、
幸せになりました。

映画のあと、ランチは中野に移動して
焼き魚定食をいただきました。
『陸蒸気』という炉端焼きの居酒屋さんで
地元の中野では有名なんだそうです。

好きなんだけど、普段、魚料理はほとんど食べない。
だから、とても楽しみにしてました。

いや、美味しかったです。
私が頼んだ、かれいの定食は、
ふわふわの焼き加減で、
ちょっと甘辛いたれがかかってました。美味。


ご近所ブラブラの日曜日

朝食後、おっちゃんが
「あまり遠くに行かずに、
 この近所でパンケーキを食べたり
 美味しいコーヒーを飲んだりしたい」
と言ったので、
ドンキに買い物に行こうかなーと思ってた私も賛成。

ブラブラとお散歩して、ドンキで買い物して、
美味しいコーヒーを飲みに行こう

窓を開けると夏みたいな、すっごい日差し。
こりゃあ、歩いたあとに冷たいアイスコーヒーが
おいしそうじゃないですか。

ドンキでは、化粧品と靴下と、ヘアカラーと
食べるもの少しと、ノンアルコールビール、
そして、リュックサックを買いました。

新しいリュックサック

前に使ってたのも、anelloのリュックだったので、
今日買ったのは、二代目です。
前のも大好きだったけど、今度のもいいなぁ。
えんじ色、というか、ワイン色。
なかなかステキ。

さて、これからよろしくね。
私は自分で買ったものは、ずっと長く使うタイプの人ですよ。

買い物帰りに、星乃珈琲店で、
ふわふわのスフレのパンケーキと久しぶりに美味しいコーヒーを
ごちそうになりました。
あ、アイスじゃなくてホットにしました。

往復で、5000歩は歩いたと思う、今日のお散歩。
暑くてクタクタになったけど、
おっちゃんは昨日のイベント疲れもあってボロボロだったけど、
歩くとリフレッシュできますね。
ご近所もなかなかなものです。

今夜のカレーも美味しくできました。


海じゃない千葉を満喫したよ

梅雨の真っ只中。
天気は小雨でしたが
またまた、母、妹、私の3人の女子旅で
日帰りバス旅行に参加して緑に癒されてきました。

初めての東京湾アクアライン、
千葉のパワースポット「笠森観音」、
ちょうど見ごろのあじさい屋敷、
田植えが終わったばかりの青々した田園風景、
そして、最近SNSで話題の「濃溝の滝」。

「千葉ってなにもない」って、言う人がいるけど、
県民の私も実はその一人だったけど、
いやー、まだまだ知らないところがあるものです。
今回、バスツアーで回ったところは、すべて「初めまして」でした。

笠森観音は、千葉のパワースポットと聞いていたので
ずいぶん前から行ってみたいところの1つでした。

根本から3つにわかれている名木『三本杉』や、
幹に大きな穴が空いている『子授楠』、
うっそうとした緑、苔むした参道を歩くだけでも、
ほんとに癒されます。

参拝後に、黒招き猫を購入。
父のこともあるし、
もちろん、自分とおっちゃんの健康を願って
緑色の座布団を買いました。

今、我が家の玄関に座っています。
健康でいられますように。。。

黒まねき猫

ツアーの最後に、今話題の濃溝の滝へ。
ここは、最近SNSで急に人気になったスポットで、
ガイドさんも、
濃溝の滝ってどこ と思っていたら、
よく、すぐ近くを何度もバスで通ってた所だった
と言ってました。

検索すると、ジブリ映画に出てくるみたいな景色、と
たくさん写真が出てきますが、
梅雨空で、日も差してなかったのに、
簡単に撮った写真でもこのとおり。

濃溝の滝

なんて、フォトジェニックな場所なんでしょう。

ゴウゴウと爆音を立てて落ちる滝とは違いますが、
ひっそりとした中で呼吸するだけで、
日々のストレスとか、胸にたまった汚いものが
消えてなくなるみたいな気がします。

緑の中を歩くって、ほんとに必要ですね。
また元気になれた気がします。


プロフィール

おかり

Author:おかり
『笑う食卓』という本を読んで、
タイトルに惚れました。
笑って食卓を囲むなんて
すごくいい!
使わせていただきます。
家族と一緒の時間を大切に。

笑う食卓―面白南極料理人
西村 淳 (著) 新潮文庫

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ
ラッココム

株式会社アマナグレイス
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード